読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辻山良雄『本屋、はじめました:新刊書店 Title 開業の記録』苦楽堂

 「日本の人口は減っていますし、これからも本を読む人の数は減り続け、それに従い書店の数が減り続けることは、間違いないことだろうと思います。」(pp.200-201)

 以前、外出した際、いくつかの書店に久しぶりに足を向けました。同伴していた人を待つ間にフラっと寄ったリアル書店の店頭は私にとって意外なものでした。日頃、ネットで得ている情報で形成されたイメージとは違っていたためです。

 インターネットでの書名への接触頻度に、いわゆるフィルター・バブルやキャス・サンスティーンのサイバーカスケードのような影響による偏向があるとしても、世に出回っている書籍、近刊・新刊・既刊(既刊の中でも出版時期による鮮度のグラデーション)に対して感じている遠近感とは違うヴィジュアルがそこにありました。

 要するに自分が知っていると思っていた本が全然なかったのです。

 「本屋にできることは、なるべくお客さまと本との出合いがスムーズにいくように、邪魔をしないということです。」(p.150)

 私がネットで得ている出合いはそれらのリアル書店では得られないということになる。その分、代わりに別の出会いがある、とも考えられます。でも、それが自分の好みに適うかどうかは分からない。

 「Titleの場合、みすず書房白水社筑摩書房平凡社など人文、文芸、芸術などのジャンルに強く、本の佇まいがどれも静かで品の良いものを多く出している出版社の本からその多くを選んでいきました。」(p.96)

 棚を見ても平台を見ても、誰が何を考えて何のために置いて/並べてあるのか焦点がぼやける。この本を読んでうかがえる辻山さんのスタンスからは、それは全く感じられません。

 「一冊だけでは一冊の本にすぎないものが、ある規則に従いながらほかの本とともにずらりと並ぶことで、より深い意味を帯びてくる。」(p.128)

 「自分が置きたくないというよりは、それらの本に関して詳しい説明がまったくできないからです。」(p.142)

 また、Titleで売れている本を形容した言葉には、ハっとさせられます。

 「替えがきかない『切実な本』にこそ、人の興味はあると思います。」(p.183)

 もしも、切実な本にリアル書店で出会う確率が低いのなら、その店頭から受け取る隠れたメッセージは「切実さは考慮しない」ということなのかもしれない。そこから感じるのは殺伐さや荒涼とでもいうようなものです。

 そんな寂寥は独りよがりな価値観からくるものかもしれなくて、マーケティングから売れる本が場所を占めている店頭の姿こそあるべきもので正しいのかもしれません。でも、たくさんの本が出ているのに、それらに書店の店頭で出会えないことを寂しく感じる私は、Titleに実際に足を運んでそれを体験してみたい、この本を読みながらそんな風に思っていました。

 冒頭に引用した部分は次のように続いています。

 「しかし本を読む人の数は一定数残ると思います。そしてその残った一定数の人の期待に応えられるような店が、これからも残っていくのだろうと思います。」(p.201)