読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青柳碧人『浜村渚の計算ノート7さつめ:悪魔とポタージュスープ』講談社文庫

本の感想

 「浜村渚も、僕たちには見えないものを見ることのできるタイプの人間だ。」(p.115)

 高校生だった頃、数学の先生が授業中、唐突に言い始めたことを思い出していました。みんなは、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、数学A・B・Cといった風に区別して習うからバラバラなものだと思ってしまう、でも実は同じものを違った見方で眺めていることもある、そういった視点を失わせてしまう教え方をしてしまっている。そんな主旨でした。

 「『×(-1)』は、数直線上を、左回りに半周するっていう魔法ととらえるんです」(p.51)

 マイナス掛けるマイナスがプラスになることを疑問に思う大人に対して浜村渚が行った説明に含まれる表現です。このくだりを読んでいて私は複素数のかけ算を極形式で見た時に回転していくように見えること、ベクトルのかけ算も回転運動に見えることを思い出していました。イメージ先行で詳細や正確なところは覚えていないのですけれども。

 少し大きな書店へ行くと、数学の棚にも様々なプレートが並んでいます。正直に言ってそれらを見てもちんぷんかんぷんです。

 「だいたい『1たす1が2になる』なんて当たり前でしょう。学校でわざわざ教えるようなことでもない」(pp.245-246)

 でも、自分には解らないものを解る人がいる、見えないものを見てくれている人がいる、そう感じて根拠のない安心を得ます。

 「義務教育から数学を消すなんて政策、本当に正しいと思っているのかな?」(p.322)

 図書室でのあるヒトコマ。特に話をしたこともない同級生が数学の本を読んでいました。図書委員だった私は彼と一言二言、言葉を交わしました。「分からないから」。前後の文脈は忘れましたが、自分にとって全く分からないものを分かろうとして読んでいく人がいる、そう思ったことは強く覚えています。

 この浜村渚のシリーズを読んでしまうのは、自分とは違った世界の存在を感じさせてくれるからだと思います(じゃ、「自分の世界」はあるのかという問いには気づかないふりをしておきます)。優等生的に多様性を大切だと思っているフリをしたいだけなのかもしれない。

 「『253』のあとにちゃんと『254』がくるか、ちょっと考えたら不安になりませんか?」(p.258)

 当たり前だと思っていることが、ちょっと追究されれば怪しくなる。自分の頭では説明できなくなる。幅の広い道路だと思っていたのが実は細い平均台の上を歩いていた。とても怖いです。でも、その傍らで平均台を支えてくれている人、その強度は大丈夫だよと分かっていてくれる人がいることはとても心強いことに思えます。

 いろいろなことで弱気になってしまうとき、安心を得たいという要求にこたえてくれる、それがこのシリーズだと思います。

 「いつまで数学の話、してるんだよ」

 「死ぬまでずっと、ですよ」(pp.198-199)

 

以下、覚書です。

 log10.「深夜マイナス1」

 中谷健太郎『由布院に吹く風』岩波書店

 エルツェンス・ベルガー『普及版 数の悪魔』晶文社 

 広瀬正『マイナス・ゼロ』集英社文庫

 アルベルト・A・マルティネス『負の数学』青土社

 西加奈子『i』ポプラ社

 log100.「不可能彫刻の森

 牟田淳『アートを生み出す七つの数学』オーム社

 トーマス・ハル『ドクター・ハルの折り紙数学教室』日本評論社

 森博嗣『すべてがFになる』講談社文庫

 七河迦南『七つの海を照らす星』創元推理文庫

 log1000.「プレゼントにリボンをつけて」

 ジョージ・G・スピーロ『ケプラー予想』新潮文庫

 アーサー・ベンジャミン他『グラフ理論の魅惑の世界』青土社

 シルヴィア・ナサー『ビューティフル・マインド』新潮文庫

 『中谷宇吉郎の森羅万象帖』LIXIL出版

 イアン・スチュアート『自然界の秘められたデザイン』河出書房新社

 ロバート・D・パットナム『孤独なボウリング』柏書房

 log10000.「数学手本忠臣蔵

 『ペアノ 数の概念について』共立出版

 新井紀子・新井敏康『計算とは何か』東京図書

 ジョナサン・ウルフ『「正しい政策」がないならどうすべきか』勁草書房