広瀬洋一『西荻窪の古本屋さん』本の雑誌社

この本を読もうと思ったのは、古本屋さんが気になっているためです。でも、どうやって開業するのか経営はどうやっていくのか、そういうことを知りたいわけではないようです。
いわゆる新刊書店の方が扱えるのは主に絶版になっていないもの、出版社で品切れになっていないものというように範囲が限定されるはずです。また売価も一定で書店によって値段が違うということも基本的にないはず。古書店ではその辺の事情が異なっていると思います。図書館だとまた違ってくると思うのですが、それぞれ本に関わる仕事でありながら商うものとして関心を向ける領域・広さの濃淡に差があるはずです。そこで、古書を扱う方から見たら本はどういったものでどんな考えを持っているのか、その辺りが気になって古本屋さんに興味があるのだと思います。
唐突ですが『R.O.D.』というアニメシリーズがあります。本を読みたおす人たちがたくさん出てくるお話なのですが、その中心となる登場人物たちは古書店めぐりをよくやっていました。この本を読んでいると何故かそのことを思い出して古本屋さんへ行きたくなります。
もっとたくさん本を買ってもっとたくさん本を読もう、そんなことを思わせられる本でした。