読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩岡ヒサエ『なりひらばし電器商店』2巻 講談社

マンガの感想

なりひらばし電器商店』というマンガの2巻目を読みました。
「変って言われるだけでちょっと相手が遠くに感じる」(p.155)
主人公と友人になった女子大生2人が主人公抜きで会話しているシーンがこの巻で一番印象に残りました。上に引用したセリフが言われているシーンなのですが、その絵の話主と相手との距離感というか間というか。誰かとそれくらいの距離で会話したいかな、と思わせられるシーンでした。