緑川ゆき『夏目友人帳』17巻 白泉社

夏目友人帳』というマンガの17巻目を読みました。
「強くならないと なんにも守れないよ、周一さん」
主人公である夏目くんを助けてくれる男性の若かりし頃を描いた「歪みなき世界」。
優しいことは悪いことではない。
「正しいものはきっと 周りを傷つけない」
でも、優しいだけでは悪いものに潰されてしまうかもしれない。
「どこまでいっても 見つからないかもしれない まっすぐ進める道も 優しくなる方法も」
それでも、それは自分の「道」ではないから。
彼の夏目くんへの対し方や距離がなんとなく腑に落ちる話数でした。