末次由紀『ちはやふる』14巻 講談社

ちはやふる』というマンガの14巻目を読みました。
この巻では、自分の所属するチームの勝敗に自分の勝負がかかってくる展開が印象的でした。自分は中心人物ではない、と思っていても、時のタイミングでそういう役回りを演じてしまうことがある。何かを頑張るのは、ただその瞬間のためだ、そう思えるような局面が時間の流れの中ではあるのかもしれないなー、と思うとともに、そんなときにこの瞬間のために頑張ってきた、と思えるような努力をしていきたいものだなあ、とぼーっと考えながら読みました。