高橋裕『地球の水が危ない』岩波新書

この本を読もうと思ったのは、積読本だったためです。
感想は特にありませんでした。