『洗濯・衣類のきほん』池田書店

この本を読もうと思ったのは、ちょっと気になったためです。
子どもの頃に家庭科の授業をもっと真剣にやっときゃ良かった、と思った本でした。