田中伸尚『憲法九条の戦後史』岩波新書

この本を読もうと思ったのは、積読になっていたためです。
題名の通りの内容の本でした。読みながら思ったのは、自分は日本の中でずっと九条のことを聞いてきたから、半ば常識のようになっているけれど、他の軍隊を持っていたり、戦争を放棄してない国の人が「戦争放棄」「平和主義」といった言葉とともに九条のことを聞いたときにどんな印象を受けるのかな、ということでした。
ちょっと違っているかもしれないけれど、ブータンの国民総幸福の話(Gross domestic happiness is more important than gross domestic product だったかな。)を自分が聞いたときに受けた印象と似たような印象を受けるような気がします。お話としては、正しいというかキレイというか、分かる気がするけれど、実際問題としてそれを掲げてやっていけるのかな、という感じ。これに似たような印象を九条からも受けるような気がします。