三輪一郎『はじめての上流工程をやり抜くための本』翔泳社

この本を読もうと思ったのは、SEの仕事に興味があるためです。
読んでいて面白かったのは、仕事を請ける際に、クライアントの業界のことを知っておく必要があるとして、そのやり方が書かれていた箇所でした。
ただの印象ですが、この本に書かれていることが理想や絵に描いた餅のようなものであって、現実にはそんなしっかりした仕事がされていないことの方が多かったりしないのかな、とぼんやり思いました。実際を知らないのでただの思いつきなのですが。