H.R.マトゥラーナ、F.J.ヴァレラ『オートポイエーシス』国文社

この本を読もうと思ったのは、ずっと気になっていたためです。
読んでみましたが、書かれていることは全く分かりませんでした。
なので感想もありません。