原作:七三太朗、漫画:川三番地『天のプラタナス』13巻 講談社

『天のプラタナス』というマンガの13巻目を読みました。
この巻では、主人公チームの監督がとった守備変更が印象的でした。球場の特性と、1点を阻止するための方策だったのですが、当の選手が監督の意図するところをちゃんと汲み取って期待に応える展開になっていて、同じことをしても選手に分かってもらえなかったら辛いよなー、と思ったりしました。