五十嵐太郎[編]『見えない震災』みすず書房

この本を読もうと思ったのは、ずっと気になっていたためです。
感想は特にありませんでした。