オリ・ブラフマン、ロム・ブラフマン『あなたはなぜ値札にダマされるのか?』NHK出版

この本を読もうと思ったのは、転勤の餞別として同僚がくれたためです。いわゆる面食いだよ、と言われることがあって、それへのあてつけかと題名を見て思ったのですが、違うらしい。ほんとかな。
「相手から美しいと思われていれば女性は実際に自分を美しいと思い、会話の中で美しさを示すようになるのだ。」(p.133)
ほんとかな。
多分、行動経済学っぽい本だったと思います。不合理な行動をとってしまう人間について書かれていました。サンクコストのお話とか。
同僚にとって、この本は仕事上の指針となるようなものだそうで、彼女の仕事に対する姿勢や考え方がより分かったような気がしました。本の内容もそうですが、それ以上に同僚のことをよく知ることができた読書でした。