武谷三男[編]『原子力発電』岩波新書

この本を読もうと思ったのも積読になっていたためです。
「距離というものが何よりの安全装置となるのである。」(p.115)
感想は特にありませんでした。