ペーター・ハントケ『空爆下のユーゴスラビアで』同学社

この本を読もうと思ったのは、積読になっていたためです。感想は特にありませんでした。