ダニエル・キイス『24人のビリー・ミリガン』下 早川書房

この本を読もうと思ったのは、上巻を読んだためです。
下巻自体の感想はなかったのですが、この本を読んでいて、自分が普段尻込みしてしまったりする局面で別の人格が切り抜けてくれるのを期待できればいいのにな、とどこかしら考えている瞬間があって、よろしくないなあ、とぼーっとしました。