時雨沢恵一『キノの旅ⅩⅣ』電撃文庫

この本を読もうと思ったのは、シリーズを読んでいるためです。

「自分を不幸にできるのは、自分だけだ」(by村上まり)

この本の帯にはこんなことが書かれています。

「あなたを幸せにするのは最後はいつだってあなただ」

「開運の国」というお話しの中で主人公キノの師匠がこんなセリフを言っています。

「自分で気づかない人が悪いのです。」(p.77)

「正しい国」というお話しにつけられた英題がこれ

「WAR=We Are Right」(p.170)

そんないろいろに「気づいた」瞬間、時雨沢さんはどういった状況にいたのだろう、とふと思った巻でした。