椎名軽穂『君に届け』12巻 集英社

君に届け』というマンガの12巻目を読みました。

「こんなんっ・・・どっから見ても彼氏じゃないか!!」(p.96)

この巻では、この主人公の父のセリフが一番好きでした。このセリフに限らず、主人公の父と母の人となりが分かる巻で、主人公の交際相手が両親と会うシーンとか、微笑ましい感じでよかったと思います。

今、映画が公開されていますが、流石に観にいくのは憚られます。同僚が娘さんとか貸してくれないかな。付き添いみたいな顔してしれっと劇場に行ってみたい。でも、このマンガで描かれている平和な空気や時間は、本当は若い子たちの特権のようなものかな、と思ったりして、観にいきづらさはそれはそれでいいものなのかな、とも思います。

「世のお嬢さん方は一体どうしているのだろう!!」(p.26)