空知英秋『銀魂』36巻 集英社

銀魂』というマンガの36巻目を読みました。

「保身のため己が牙を折るとは・・・ふくれあがった組織はその愚劣さをも増してゆくものでござるか」

「部下にしかやらせたことねーからわかんねーんだよ」

なんか、いろんなものの縮図を見ているような感じのする巻でした。