西川猛史『図解雑学UNIX』ナツメ社

この本を読もうと思ったのは、LinuxとかWindows Serverとかの本と比べてタイトルにUNIXと書かれた新刊って少ないなーという印象があって、UNIXのことが気になったりしたためです。

この本を読んでもUNIXが使えるようになったり、プログラミングができるようには多分ならないとは思うのですが、タイトル通りUNIXに関する雑学はよく知ることができると思います。viとかEmacsとかがエディタだとか、SolarisUNIXだとか、RedhatVineディストリビュータであることとか、実際に使う上では必要ないかもしれないことを知って、なんか分かった気分に浸れました。