読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『柴田淳CONCERT TOUR2010月夜PARTY Vol.2:だってピーナッツだもん』

柴田淳さんのライブDVDを観ました。

アイスクリーム(31歳)、サニー(32歳)ときてのピーナッツ(33歳)ですが、34歳になったらどうするのだろう、と余計なことを考えました。新婚さんいらっしゃい、かな。さんしだけに。

今日、『踊る大捜査線』の映画を観たときに『ソルト』という映画の予告編をやっていて、そこに映っていたアンジェリーナ・ジョリーがとてもカッコ良かったのですが、このDVDの柴田さんもなんかカッコ良かったです。内面はボロボロなのに、それでもステージ中央に二本の足で立って歌い続ける女、柴田淳。みたいな。

印象的だったのが、『君へ』という歌についてのMCでした。そういう話を聞くと、やっぱり病院の帰り道にはベンチか公園が必要だよな、と思ってしまいます。検査結果に動揺してしまって、このまま帰り続けたら危険かもしれないと思ったときに、落ち着くために腰掛ける場所。別に必ずしもベンチとか公園でなくてもいいのですが、そういった場所って必要だと思います。

あと、本編の最後の曲が『君にしかわからない歌』だというのが意味深な気がしたのですが、柴田さんの歌には基本的に言わなかったり、自分の内に秘めたりするけど、最期とかが意識されると言っちゃったりする、って感じがあって、そういう最後とか最期を意識した踏ん切りのようなものに終わりをいつも感じて聞いてしまうんだろうな、と思います。