読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『踊る大捜査線The Movie3:ヤツらを解放せよ!』

映画の感想

踊る大捜査線The Movie3:ヤツらを解放せよ!』という映画を観てきました。この映画を観ようと思ったのは、公開記念企画?の過去2作TV放映を観たためです。1と2が同じ世界観や登場人物たちでありながら、えらく違ったつくりというか、感じることが違っていて、おまけに昔TVでやってたときには感じなかったのですが、2の方が『機動戦艦ナデシコ』の劇場版のヒサゴ・プランを感じさせたり、押井守さんのパトレイバー劇場版を連想させるもので、気になったためです。あと、公開間隔の関係で恩田すみれ刑事を演じる深津絵里さんも年齢を重ねていたのですが、こんな風に歳ってとれるもんなんだ、と素朴な驚きがあって、さらに年月が経った3ではどうなんだろうとも思って観てきました。

観て感じたのは、とまどいのようなものでした。

お話しの終盤で織田裕二さん演じる青島刑事が「真犯人」と対決しているシーンがあるのですが、そこで「真犯人」のやっていることと自分たちの仕事との違いを述べていました。でも、そのシーンから、1での「事件は現場で起きているんだ!」や2の「リーダーが優秀なら組織も悪くない」といったセリフから感じられた自信のようなものが感じられない気がしました。

1や2では被害者がはっきりしていて、その被害者のために「正しい」ことをしようとしても、警察の官僚主義的組織のために阻まれてしまって、という風に主人公の側がほんとは「正しい」という暗黙の前提に支えられていたように思うのですが、3では最初の方の事件を除けば被害者は、双方の身内で被害者という他人のためにという部分が曖昧になっていて、それで「正しい」ことというのがぐらついて感じられたのかもしれません。あるいは、青島刑事が自分を取り戻すに至る展開が、そういった「正しい」ことへの信念が致命的で個人的な事情で簡単に揺らいでしまうということを感じさせたのかもしれません。

最初の2つの事件で恩田・青島両名とも似たようなセリフを言うのですが、後から思えば、最後の真犯人との対決で青島刑事が述べていたことに繋がっているように思います。それは悪人じゃなくても悪事を成せる、というかコミットメントがなくてもできるということを感じさせて、こういったところからもナデシコのような感じを受けるのかもしれません。

で、悪事に手を染めるのに、悪人である必要がないとすれば、逆に善事を成すのに善人である必要もないかもしれなくて、それで青島刑事の仕事に対する矜持が確固としたものとして響かなかったのかもしれないなあ、と思います。

あと、真犯人が自分たちはどこにでもいる、というようなセリフを言った直後に映っている人物がいるのですが、彼の仕事がいろんな立場の人の折り合いをつけることであるのを考えると、物事への関わりの薄さのようなものが建前として「正しい」ことをしているはずの主人公側組織にも広がっているのを感じさせて、セリフや行動で青島刑事たちの信念のようなものは示されているのですが、それがうまくいかないことがだんだん明らかになってきて、どうすりゃいいのか、どうしようもないのか、といったとまどいのようなものがあるように感じました。

もしかしたら、いかりや長介さん演じた和久さんが過去の人となり、その言葉が手帳に残されたものだけになっているように、単純に主人公たちが歳をとったということなのかもしれません。

うまく言えないのですが、1・2では感じなかった据わりの悪さを感じてしまったのは確かで、その理由を考えています。これは多分、1・2・3と一連のものとして見なかったら感じなかったものだと思います。