ゆうきまさみ『鉄腕バーディーEVOLUTION』5巻 小学館

鉄腕バーディーEVOLUTION』というマンガの5巻目を読みました。

この巻の中で人の記憶をインストールされた人工知能が出てきます。その技術について会話されている中で、人はその技術を聞くと不死を手に入れられるという風に評価する、というものがありました。記憶を移し変えていけば、肉体の死からは逃れられる、というわけで。SFの世界のお話しだと思えるのですが、もしも実際にそういった技術が出てきたとして自分はそんな風に捉えられるかなあ、と考えてしまいました。同じ記憶を別の器に移せるからといって、それってほんとに同じ自分なのかな、と。お話しの後半部分で、同じ技術を使って、有力者の人格を移し変えたとして、それが同じ有力者なのか分からん、という会話をしている登場人物たちもいましたし。