読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『NUMB3RS』「闇からの挑戦状」

テレビ番組の感想

NUMB3RS』というドラマの「闇からの挑戦状」という話数を観ました。

この話数では、フィッシング詐欺が扱われていました。で、犯人がターゲットとして狙っているのが預金の多い高齢者、という風にされていたのですが、日本のオレオレ詐欺とか、似通っていると思いました。

この話数の黒幕はアメリカ人ではなかったのですが、情報化やシステム化が進んでいない業界に、進んでいる業界から転職して、前職の方法を適用することでうまくやる話を聞くことがあるのですが、犯罪でも、例えば犯罪手法が進んでいる国の人が「平和な」国のことを大きな市場のように捉える感覚があったりするんじゃないか、ということを感じました。