『NUMB3RS』「賭けの代償」

NUMB3RS』というドラマの「賭けの代償」という話数を観ました。

「When the numbers are running you, instead of you running the numbers, it's time to take your money off the table.」

カジノの駐車場で男性が射殺されます。彼はかなり儲けていました。その理由は・・・、というところからお話しは広がっていっていました。

この話数では、カジノでのゲームに数学的手法を使うことの捉え方が印象的でした。カジノ側もプレイヤーもそういったことを「イカサマ(cheating)」だと思っている、とのことですが、数学や統計的手法をいままで名人の勘に頼っていたような世界に適用することが受け入れられないことのひとつの理由に、それをズルのように感じる心性のようなものがあるからなのかなあ、と思いました。