生源寺眞一『農業再建』岩波書店

この本を読もうと思ったのは、農業に注目が集まっていることに興味があって、農業に関係する本を読んでみようかなと思っていたためです。たしか、『日本の論点』で食糧自給率について書かれていた人のオススメ関連本のひとつがこの本だったかもしれません。副題は「真価問われる日本の農政」となっていました。

読んでみたのですが、正直言ってあんまり内容が頭に入ってこなくて特に感想もありませんでした。時折言及されている他の本の中で面白そうなものがいくつかあったので、いつか読んでみようかなと思いました。