田辺イエロウ『結界師』8巻 小学館

結界師』というマンガの8巻目を読みました。

この巻では、主人公たちの側についている少年の過去について触れられている話数が入っています。自分の中にある尋常ではない力とそれを抑制することに焦点が当たっているのですが、そういえば、主人公たちもそれぞれの力の大きさと質を気にしているようで、若い子たちが(少年漫画だから当たり前か・・・)そういったことに悩んだりして自分のカタチを見つけようとしていっている姿は、なんかすがすがしいなあ、とぼーっとしました。