田辺イエロウ『結界師』6巻 小学館

結界師』というマンガの6巻目を読みました。

「こいつら、オレらを意識してやり方を選んできてる。」(p30)主人公たちのパートナーである妖犬のセリフです。もっと効率的(コストがかからない)方法があるのに、わざわざ面倒くさい方法を選んできていることから、自分たちのことが念頭におかれていると考えています。相手のやり方から、自分たちのことをどれだけ考慮に入れているのか、といったことを感づけるかどうかは結構大事なことのような気がして、印象的な箇所でした。