加藤元浩『Q.E.D.』32巻 講談社

Q.E.D.』というマンガの32巻目を読みました。この巻には「マジック&マジック」「レッド・ファイル」の2話が収録されていました。

「私がどうしてもやりたかった・・・・タネを明かしても喜ばれるマジックです」「マジック&マジック」に登場するあるマジシャンのセリフです。なぞなぞとかクイズとか、なんでもいいのですが(わかりづらいダジャレで、何と何がかかっているのかの説明にもそんな側面があるかも)、タネを明かされたときに、そうだったのか、とポンと膝を打つようなものって、いいなと思います。

この巻では「レッド・ファイル」がとても良かったと思います。良かったと思うのは、人間について考えてしまうからです。

この話数の容疑者がとてもカッコ良くて、それは、人間ってしょうがないものね、って感じの諦めのようなものを持ちながらも、クールにそういった人間と付き合っていっているようだったからです。特に庶民派のヒロインとブラック・ショールズ方程式LTCMについて会話しているシーンが良かったです。「金融市場で覚えるべき鉄則はただ一つ・・・・ハイリスクハイリターン」「金融の世界を支配する”怪物”ってのはね 際限のない欲望と無責任な自信よ」。

この話数の決着のシーンで庶民派ヒロインが決めのセリフを言っているのですが、そのページの下のコマの主人公の表情?が良かったです。僕の言いたいことは全部言ってくれた、みたいな感じの描かれ方で。前の巻だったかと思うのですが、世の中に闇があったとしても、お前たちがツッパッテいればいいだけのことだ、という感じのことを主人公たちは言われていましたが、このシーンでの彼女はまさしくそういう感じで、話数を通して流れている人間のどーしようもなさに対抗するものとして、クッキリと現われているように感じました。

で、この話数は決着がついた後で、エピローグ的なページがあるのですが、とても皮肉の効いている終わり方だったと思います。

余談ですが、このマンガのドラマがNHKで始まって、1回目を観たのですが、原作と雰囲気が全然違っていました。ドラマを観て、こんな感じのシリーズなのかと思って、原作を読まない人がいたら、残念だなあ、とぼんやり視聴していました。別に原作至上主義者ではないのですが。この巻の「レッド・ファイル」は個人的な思い込みですが、『Q.E.D.』っぽさが出ていて、やっぱりドラマは違うなーと思いました。