川合光『はじめての〈超ひも理論〉』講談社現代新書

この本を読もうと思ったのは、この本が評判がいいようだし、実際、講談社現代新書の中で売れているようだったためです。

読んでみたのですが、感想を言えるほど内容を理解できませんでした。でも、またまた思ってしまったのは、物理が分かる人って、この世界のことを全く違った風に見たり捉えたりしているんだなあ、ということでした。

あと、私は物理関係というか理系の本を読んで理解できることって少ないのですが、それでも読んでしまうのはなんでかなあ、とぼんやりしました。