小林雅之『進学格差』ちくま新書

この本を読もうと思ったのは、タイトルをみて、再生産について何か新しいことが言われているのかなあ、と思ったためです。副題は「深刻化する教育費負担」となっていました。

この本で主に扱われていたのは、高等教育に進学する際のお話しなのですが、初等・中等教育における経済的な差はどうなっているのだろう、と思いました。多分、そんなことはないのだろうけれど、初等・中等での差(いわゆるハビトゥスと言われるものも関係するのかもしれないのですが)が継続して高等教育進学時点で影響するとしたら、進学時点というポイントでの奨学金などによる機会の是正策も、そういった継続した影響によってマイナスされることってないのかなと思ったためです。