城山英巳『中国臓器市場』新潮社

この本を読もうと思ったのは、どこかでその存在を偶然知ったためです。

中国では、ドナーの多くが死刑囚で、その臓器をめぐって斡旋する人や行政の腐敗のお話し、それにまつわる金銭と倫理の問題などが書かれた本でした。

読んでいてやっぱり思うのは、自分や自分の子どもなどが、移植しか道がない、となったときに、日本国内では可能性が低かったら、どんなことを考えたり思ったりして、どうするのだろう、ということでした。でも、この本の中にはどのくらいお金がかかるかも書かれているのですが、今の生活を考えると、そんな金銭的余裕はないな、とも思いました。