ミチオ・カク『サイエンス・インポッシブル』NHK出版

この本を読もうと思ったのは、SF的なことを真面目に物理学的に検証しているらしかったからです。副題は「SF世界は実現可能か」となっていました。

この本の中では、SF映画(特に『スタートレック』が多かったかも)の設定などが導入とされていることが多かったのですが、読んでいて、日本のマンガとかアニメのことを連想してしまいました。タイムパラドックスの話は、『ドラゴンボール』のセル編で、過去のセルを倒しても、別の未来ができるだけで、トランクスが帰っていく未来は変わっていない、という感じの説明があるのですが、そのことを連想しましたし、真空からエネルギーを取り出すとか、ファインマンの先進波の話とかは『機動戦艦ナデシコ』(ナデシコ相転移エンジンといって、真空を相転移させることでエネルギーを得るとかなんとか作中登場人物が言ってました。)のお話しとかを連想しました。

細かいお話しは理解できなかったのですが、どういった技術に使う場合や局面で、どんなキーワード(例えば熱力学とか、物性物理とか)が出てくるのかをちょっと知ることができて、これから役に立つかな、と思いました。