『シゴフミ』七通目

シゴフミ』というアニメのDVD7巻目を観ました。この巻には、TV未放送本当の?最終話「ソレカラ」が収録されていました。

この話数では、前の方の話数で起こったことが下敷きになっていました。なので、その話数自体の後日談のようにも見えました。で、その起こったことが周りにいた人たちに受け止められる度合いがとてもさっぱりとしたもののように思えて、その分、いっそうこの話数で登場した女の子の想いが重いものに思えたりしました。

「悪意は止める。でも、善意は回す。」むかし、『ペイフォワード』という映画がありましたが、観ておけば良かったかなあ、と思いました。