『セクシーボイス アンド ロボ』VOICE1:三日坊主

セクシーボイス アンド ロボ』というドラマの1話目を観ました。放送されていた当時、ほぼ毎週観ていたのですが、観だしたのが2話目からで、それがとても良かったからで、途中、当時発生した事件の絡みで放映中止になった話数とかあったりして、ついでに私は『すいか』というドラマが好きなのですが、このシリーズの後半に小林聡美さん、ともさかりえさん、もたいまさこさんがゲストで登場する話数があったりして、片桐はいりさんが主人公のお母さん役でレギュラーで出ていたりして、雰囲気が似ていて、今回また観てみることにしました。

「お嬢ちゃん、知ってしまうともう後戻りはできません。」

1回目のゲストは、3日間しか記憶が続かない男という設定なのですが、そういう忘れてしまう男が前面に出ているお話しで上にあげたようなセリフがあると、意味深に感じてしまいます。で、忘れてしまうことが出来る場合に知ってしまうことがどうなるのか、については、お話しのクライマックスで主人公の少女が熱く語っているのですが、知ってしまったり、やってしまったことをなかったことにはできないんだなあ、と思います。