椎名高志『絶対可憐チルドレン』13巻 小学館

絶対可憐チルドレン』というマンガの13巻目を読みました。

この巻には「蝿の王」という話数があるのですが、たぶん元ネタの『蝿の王』を読んだことがないので、その暗示するところがイマイチ分かりませんでした。なので、いつか『蝿の王』を読もうと思いました。

あと、「もののけ姫によろしく」という話数では、やきもちがテーマになっているのですが、やきもちって端から見ている分には分かりやすいのに、いざ自分が妬いているときというのは、分かりにくいものだなあ、とぼんやり思いました。