小泉義之『ドゥルーズの哲学』講談社現代新書

この本を読もうと思ったのは、『心を商品化する社会』を読んでいて、中島さんパートでドゥルーズに言及する部分がいくつか出てきて、面白い考え方なのかなあ、と思ったためです。

読んでみたのですが、この本は分からない本でした。面白くはありませんでした。『差異と反復』とか『記号と事件』という本を読んでみたほうがいいのかなあ、と思いました。