上保陽三『売場の計数入門』商業界

この本を読もうと思ったのは、仕事の役に立つかなあ、と殊勝な気分だったからです。

読んでみたのですが、私にはムズカシかったです。「はじめに」で「本書を読むとき、難しければ飛ばして、先へ先へと進んでください。」(p6)と書かれているのですが、最初から最後まで飛ばしてしまいたいくらいでした。はぁ~。