空知英秋『銀魂』24巻 集英社

銀魂』というマンガの24巻目を読みました。

この巻で印象的だったのは、新八くんの文通相手さんが、新八くんからのものということになっている手紙を読みながら、実は、その背後の様子に思いをはせていたという展開です。人からの手紙を読む機会というのは、あんまりないのですが、本を読んでいて、その文章が書かれた時、場所、雰囲気などを想ってみるのも、いいことかな、と思って印象的でした。