読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『灰羽連盟』Episode-13

アニメの感想

灰羽連盟』というアニメの13話目でした。最終話でした。タイトルは「レキの世界・祈り・終章」となっていました。

はじめて『灰羽連盟』を見たとき、この最終話を見るまで、よく分かりませんでした。ただ、雰囲気からなんとなく感じることがあって、見ていただけでした。「レキの世界」となっていますが、レキが全て語っています。

お話しのクライマックス前に、ラッカがレキの日記を読むシーンがあります。そこに書かれていることは、個人的に哀しい感じのすることでした。お話全体としては、彼女のそういった思いは救われる展開になっていて良かったと思います。

自分を責め続ける循環から逃れるには赦してくれる他者が必要。そういうことだと思うのですが、その他者はただ存在するだけでいいのか、それも、そういった他者の存在を自分が認識するという、もう一段階が必要になるのか、どっちだろうなあと、今回見返してみて思いました。