読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『灰羽連盟』Episode-10

アニメの感想

灰羽連盟』というアニメの10話目でした。タイトルは「クラモリ・廃工場の灰羽達・ラッカの仕事」となっていました。

レキが灰羽連盟のおじさん?と話しをしている箇所が印象的でした。おじさんは、レキとの会話の中で、自分は何も知らない、お前の心の内を言っただけだって感じのことを言っています。で、会話の最後に、罪憑きでなくなったラッカのことを妬んではいけないと言っています。

最終話でのラッカとレキの対決?で、レキの本音が吐露されるのですが、例えば、この話数でのおじさんとの会話が、そういった本音を象る言葉になっていたりするのかなあと思うと、かつて、他人から言われた言葉を否定することがあっても、その言葉を使って自分を象ることで結果的にあたってしまっていることってあるのかなと思いました。単純に、予言の自己成就ということだと思うのですが。