読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『灰羽連盟』Episode-7

灰羽連盟』というアニメの7話目でした。タイトルは「傷跡・病・冬の到来」となっていました。

この話数で気になったのは、ラッカと食べ物屋さんのやりとり、ラッカとヒョコのやりとり、で、ラッカが罪憑きであると発現するタイミングのことです。

友人がいなくなってしまって喪失感たっぷりなラッカが食べ物屋さんと話しているのですが、いなくなった人に対する思い入れの差が描かれているようなシーンで、ともすれば、食べ物屋さんから無神経な感じを受けるのですが、別れ際にラッカが買ったものを無料にしていて、なんとなく、彼女の喪失感に実は気づいているように感じられて、で、今度はラッカの方が彼の心遣いに気づいていないように見えてしまって、いずれがホントかは分からないのですが、そんなことを思いました。

で、場面は変わって、今度はラッカたちとは違うところにいる灰羽ヒョコと話すシーンなのですが、巣立ってしまったのがレキではないと知って「よかった」ともらしています。これを聞いたラッカは怒るのですが、ヒョコの「よかった」という安堵は、ラッカの喪失感と同じものに支えられているような気がして、彼女から見れば、ヒョコは無神経な男ですが、そんなこともないかなと思います。

灰羽は、灰羽になる前の記憶を失うと作中再三言及されるのですが、記憶を無くしても、性格とかはそのままなんだろうかと思いました。ラッカが灰羽になる行為をしたときも、上で書いたような感じで、多分間違ってはいないんだろうけれど、どこかしら一人相撲的な心の軌跡をおったのかなあと思ったからです。それが、灰羽として生まれてすぐではなくて、このタイミングで罪憑きであることが明確になる展開に関係しているのかなあと思いました。