ひうらさとる『ホタルノヒカリ』2巻 講談社

ホタルノヒカリ』というマンガの2巻目でした。

この巻では、主人公の姉が旦那にイタズラをする箇所が印象的でした。自分にリアクションを返して欲しいために、朝食を置く場所を右にずらしていって、最終的には、テーブルからはずれて床の上に置いてあっても、旦那さんは怒らなかったというお話しなのですが、イタズラには、その人に対する親愛の情が含まれることがあって、(もちろん、悪意満載のイタズラもあるかと思うのですが)誰かにかまってもらえるときは、どーしてか考えてみることも必要なのかなあと思いました。

あと、主人公が部長さんに君には君の良さがあるのだから、それを活かしてやれみたいなことを言われるシーンがあるのですが、なんとなく、自分が直属の上司にギャグが寒いから職場に要らないと言われたこととか思い出して、いーなーって思いました。(いつでも異動しますよ。ほんと。)