ロバート・ウェストール『かかし』徳間書店

この本を読もうと思ったのは、『ブラッカムの爆撃機』が面白かったので、他の本も読んでみようと思ったためです。

ある一家が中心のお話だと思うのですが、戦死してしまった夫がずっと、その中の人にまとわりついている気がして、存在しないものが、人々の中心になることってあって、なんとなく気になりました。

お話の筋自体は、イマイチ分からなくて、最後の方でかかしと家族の関係がどーなったのかとか、よく分かりませんでした。

なんとなく「壊れた」家族のように見えたのですが、「壊れた」ってどういうことだろうと思って、案外、こういった形が「普通」なのかなあとか、思いました。