志水辰夫『行きずりの街』新潮社

この本を読もうと思ったのは、行きつけの本屋さんで、このお話の文庫がいわゆる仕掛け販売されていて、読んでみようかなと思ったからです。って、買わずに単行本を借りて読んでいるんですが、ごめんなさいって感じです。

読んでみたのですが、よく分かりませんでした。登場人物の男性たちがしゃべっている内容とか、空々しい感じがして、あんまり面白くありませんでした。