加藤元浩『Q.E.D.』25巻 講談社

Q.E.D.』というマンガの25巻目でした。この巻には「宇宙大戦争」と「パラレル」が収録されていました。

「パラレル」の中で超ひも理論に触れられていて、その考え方がその話数の中で行われる犯罪につながりを持っているのですが、なんとなく哀しい話だなと思いました。で、気づいたのですが、このマンガの動機とかって哀しいものが多いなあと。でも、実際の現実で起きる事件って、もっとドライで、情緒なんか感じられない動機などで起きているんじゃないのかなとなんとなーく思いました。

今、サイモン・シンさんの『ビッグバン』の訳書が出てますし、ちょっとまえ、『エレガントな宇宙』という本が流行った気がします。宇宙論の本を読んでみようかなとも思いました。