荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』6巻 集英社文庫

ジョジョの奇妙な冒険』というマンガの6巻目でした。「戦闘潮流」の③でした。

この巻では、前までで死んだと思っていた人物がサイボーグとして登場していて、またまたタオパイパイ、いやフリーザか?って思ってしまいました。このシリーズを読んでいて思うのですが、どーして『ドラゴンボール』を連想してしまうのでしょう?やっぱり集英社だと思っているからかなあ。

戦闘シーンの多いマンガなのですが、相手の攻撃の意図がわからないと、どの程度の防ぎ方をするのか優先順位の付け方が難しいなあと思います。たいしたことないと思っていても致命的なミスの場合もあるし。やっぱり、物事の仕組みというか、どいういう意味付けがあるかを知ることが大事かなあと月並みな感想を持ちました。