神野直彦『人間回復の経済学』岩波新書

テレビで小泉総理の残したもののような番組をしていました。で、コメントを求められている人の中に神野さんも映っていました。んで、ウチの本棚をみると、この本が・・・(い、いつの間に?)。読んでみることにしました。

実も蓋もなく言ってしまえば、市場主義とかは間違った方向へハンドルを切っているので、もっと人間を大事にしようよという本だったと思います。ただ、人間性を大事にしなくてはならないというところの説得力が私にはイマイチ分からない本でした。