魚住直子『リ・セット』講談社

この本を読もうと思ったのは、図書館の棚で『超・ハーモニー』の横に並んでいたからです。児童文学、ということで、リセットというタイトルでどんなことが書かれているのだろうと思ったんだと思います。ゲームと現実の区別がつかなくて、ゲームのようにリセットできると子供達は思っているというお話しをいろんなところで聞いていたからです。

主人公の女の子は母親とふたりで生活しています。父親とは離婚したという設定でした。家族にそういった側面がないとお話しとして成立しないのかなあと思ってしまいました。

今回読んだとき、面白く感じられませんでした。でも、きっと自分が中高生だったら、違った風に感じられるのだと思います。この本も、登場する女の子たちが、自分の気持ちを言葉でハッキリ捉えることができすぎているように感じられました。

主人公のお父さんが「新生術」(←リセットのことのようです。)のやりかたを教わった女の子のことをずっと気にかけていたのですが、行きずりの関係の中でも心の中で気になる人というのはいるのかなあと思いました。もし、自分が誰かに気にかけてもらえているということを知ることができたら、毎日の気持ちは変わったものになるのだろうなあと、そんなことを考えました。